Skip to content

落語立川流、家元・上納金制度を廃止 新設

November 17, 2012

昨年11月に家元の立川談志が亡くなった落語立川流が7日、新体制の概要を発表した. これまでの家元制度と上納金制度は廃止し、総領弟子の土橋亭里う馬(どきょうてい・りゅうば)を一門の代表者とする. 新しく理事を設け、立川左談次、談四楼、談幸、志の輔、志らく、雲水の6人が就任する. 任期は未定. 立川流は今年1月2日に直弟子の会合を開いて今後の体制の骨格を決めており、これに基づく新規約を6月1日付で決めた. オマールサラザールナイキSBシグネチャー 事務局は談志の事務所だった「談志役場」に置く. 将棋名人戦 第2局2日目ダイジェスト

Advertisements

From → Uncategorized

Leave a Comment

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: